どれが一番お得?賃貸、持ち家、賃貸併用住宅に10年住んだ場合の住居費を比較!

賃貸マンション、戸建て住宅、賃貸併用住宅の比較シミュレーション

「賃貸併用住宅」って月々いくら位で住宅ローンの返済はどんな感じになるの?
普通の一戸建てがやっぱりいいのか、それとも賃貸派を貫くか…?
ここでは、賃貸アパート、マイホーム購入(新築)、賃貸併用住宅の3つのケースで考えた標準的な比較シミュレーションをご紹介します。

想定するオーナー像

オーナー

Aさん 男性
・家族構成:夫、妻 子供無し
・家賃月15万円ファミリータイプの
賃貸アパートに居住
・年収:夫600万 妻300万

家賃から解放されたらいいなあ…
妻もゆくゆくは仕事をやめてもいいように出来るといいな。

上記のAさんが、以下の3つのケースで今後10年間の住居費がどれくらいになるかを算出してみました。

オーナー
  • 1引っ越さずに賃貸に住んだ場合
  • 2マイホームを新築で購入した場合
  • 3「賃貸併用住宅」を建てた場合

状況に応じて移動できる賃貸に居続けた方がいいのか、やっぱり憧れのマイホームを購入した方がいいのか?
最近は「賃貸併用住宅」という方法もあるらしいけど、何がベストなのかは、シミュレーションを判断材料にしよう。

※ここの数値はあくまでも一例としての概算です。お客様のご要望やご属性、金利などによって数字は変わります。

1ファミリータイプの賃貸マンションに10年住んだ場合

住居費 1,800万円

賃貸マンション
  • 3LDKファミリータイプの賃貸マンション
  • 家賃 月15万円

月15万円 x12か月 = 年間180万円 x 10年 = 1,800万円

※更新費、管理費など家賃以外の経費は含めない概算

賃貸アパートの場合

いつでも、どこにでも気軽に移動できる

住み続ける以上永続的に家賃の支払い義務がある。
借りているスペースのため、汚したり傷つけないよう気を遣う必要がある。

2新築一戸建て住宅を建て10年住んだ場合

住居費 2,004万円

新築一戸建て
  • 4LDK
  • 融資:35年 金利0.925%、元利均等返済
  • 借入額6,000万円(土地+建物)
  • 借入返済:月16.7万円

月16.7万円 x12か月=年間200.4万円 x 10年=2,004万円

※固定資産税、修繕費などの経費は含めない概算

新築一戸建て住宅の場合

自分の所有なので自由に設計したり使用できる。ローン完済すれば住居費は一挙に低くなる。売却してキャッシュを作ることができる。

固定資産税や修繕費、購入・売却時には仲介手数料の支払いが発生する。
ローンはすべて自分で支払う。毎月の支払いに応じた物件で購入を検討することになる。

3賃貸併用住宅を建て10年住んだ場合

住居費 408万円

賃貸併用住宅
  • 自宅スペース3LDK + 賃貸スペース3部屋
  • 融資:35年 金利0.925%、元利均等返済
  • 借入額8,000万円(土地+建物)
  • 借入返済:月22.3万円(A)
  • 家賃収入:月18.9万円(B)
     =(月7万円/室x3)xサブリース契約90%※2
  • 実質負担額:月3.4万円(AーB)

月3.4万円 x12か月=年間40.8万円 x 10年 =408万円(※1:実質負担額で計算)

※2:査定賃料21万 9割保証 10年間固定 ※固定資産税、修繕費などの経費は含めない概算

賃貸併用住宅の場合

住宅ローンの支払い負担が非常に低いのでゆとりができる。ローン完済後は家賃でプラス収支。売却すれば大きなキャッシュを作ることが可能。

固定資産税や修繕費、購入・売却時には仲介手数料の支払いが発生する。賃貸事業なのでオーナースペースに多少の制限がかかるケースがある。また購入希望者の属性(年収や資産背景など)によっては希望の融資金額に届かない場合がある。

家を購入するならどっち?新築一戸建て vs 賃貸併用住宅

では住宅を購入する選択肢として、通常の一戸建てと「賃貸併用住宅」では何が違うのでしょうか?それは「賃貸併用住宅」には建物の中に「賃貸スペース」を併せて建てるということです。(※オーナーの住居スペースは床面積の50%以上)

その賃貸スペースより支払われる家賃収入を住宅ローン返済に充てることで、実質の月額住居費の負担額を下げられるというのが「賃貸併用住宅」の特徴的な仕組みであり、一番のだいご味なのです。以下は上記と同じ条件での比較グラフです。

月々のローン返済額の比較

※ 各数値はあくまでも一例としての概算です。お客さまのご希望、ご属性、金利などによって数字はかわります。

賃貸併用にした場合の
自己負担の割合は
ローンの15%だけ!

月額の実質負担額は
22.3万×15%=
3.4万円のみ!

戸建てと賃貸併用の差は
16.7万-3.4万=
月13.3万円もお得!

浮いた分は貯蓄やゆとりになるし、繰り上げ返済で完済を早めることもできる!

まとめ:賃貸併用住宅の住居費は、オドロクほど低い!

賃貸併用住宅の魅力は、家賃収入をローン返済に充てるその仕組みにある

賃貸併用住宅
住宅ローンの実質負担額が圧倒的に低い
「賃貸併用住宅」

こうして比較してみると、「賃貸併用住宅」が圧倒的に住居費を抑えられることが分かります。
「賃貸併用住宅」は賃貸スペースを併せて作り、そこから入る賃料を住宅ローン返済に充てる仕組みによるものなのです。

生活費の中で大きな割合を占める住居費(住宅ローン)が低く抑えられるということは、ローン返済が滞るリスクや、ローン返済への不安は、通常の新築戸建て住宅よりもかなり低くなると言えるでしょう。

費用を抑えられた分は、貯蓄して繰り上げ返済に回して完済を早めたり、生活のゆとりとして使うなど、選択肢を増やせます。

また、敷地も大きく、賃貸需要のよい好立地を選んで建てますので、自宅のみの土地よりも大きな資産形成ができ、さらに売却する場合にはより大きな利益が期待できます。

いかがでしたでしょうか。
住宅は生涯で非常に大きな買い物です。ご自宅を購入する際には、ライフステージや人生設計、価値観などと照らし合わせ、複数の情報を集めながら判断をしてゆきましょう。

賃貸併用住宅をより詳しく知る場をご用意しています。ぜひご利用ください。

賃貸併用セミナー
まずは話を聞いてみたい

土地から探す賃「貸併用住宅」の成功ノウハウや注意点を専門家が惜しみなくお話いたします。

物件紹介・ご相談
相談したい・土地を探したい

セミナーよりも詳しく聞きたい方、物件の紹介を受けたい方、具体的に検討したい方等におすすめです。

書籍無料プレゼント
読んで学びたい

堅実に資産を築くハイリターンな仕組みの魅力とノウハウを詳しく解説。弊社代表著。

無料メール会員登録
情報を受け取る

「賃貸併用住宅」のノウハウ、セミナー情報、物件情報など「賃貸併用住宅」のお得な最新情報をお届けします。

弊社の個人情報の取扱いに同意して