賃貸併用住宅は通常の住宅よりリスクが高いのでは?

賃貸併用住宅というと一見、他の一般住宅よりリスクが高いと思われがちですが、決してそんなことはありません。住宅ローンで購入する場合、基本的に住宅ローンは、借入されるかたの現在の給与所得で十分返済できる範囲での借入となります。賃貸併用住宅の場合、十分返済可能な給与所得に加えて家賃収益も入ることになりますので、たとえ給与所得が減少したとしても、家賃収益でカバーすることが可能です。従って、経済的事情により売却せざる得なくなるケースが少なく、それも中古物件が市場に出ない理由の1つでもあります。

無料登録のメリットとは?
メール会員登録はこちら 特別会員登録はこちら