賃貸併用住宅は自宅の一部に賃貸部分を作り、そこからの家賃で住宅ローンを返済をする仕組みの家です。大きなメリットとして、以下のようなものがあげられます。

1.ローン返済の実質負担が大幅に下がる
最大のメリットは、ローンの実質返済負担を大きく低くおさえながらマイホームを手に入れられることです。住宅取得減税や家賃収入を利用して実質の負担を軽くすることができ、家計の収支を大きく改善できます。
2.首都圏エリアに家を建てられる
通常の戸建て住宅では高くて手が出せないような首都圏エリア等にも、賃貸併用住宅なら実質負担が低いため、購入しやすくなります。また首都圏の土地値は価値が下がりにくく、将来大きい資産となる可能性を含んでいます。
3.家計にゆとりができる分、選択肢が広がる
無理なくローン返済が可能になるため、そのゆとり分を繰り上げ返済にする、教育費に回す、別の投資を行うなどといった計画が立てやすくなります。 完済後は家賃すべて収益になるので住み続ける、売却する、すべて貸すなどの選択肢も広がります。 また親との同居、勉強部屋の確保など、当初想定していなかった生活の変化にも柔軟に対応させやすいのも賃貸併用住宅ならではです。