賃貸併用住宅は、賃貸部分を併設することによって面積が広くなるだけでなく、通常の戸建てには無い基準や規制に沿った建材を使ったり設計にしなければいけないため、坪単価は建売住宅よりも高くなることがほとんどです。