建築素材ごとの法定上の使用可能な見積もり期間(=法定耐用年数)は以下の通りです。

木造22年、重量鉄骨造34年、RC47年

近年の建築資材は昔のものと違って性能も格段に良くなっていますので、メンテナンス次第では木造でも35年以上の利用は十分可能です。