購入後の売却は可能ですか?

賃貸併用住宅は中古物件の購入希望者に対して、供給が非常に少ない状況です。原因としては、賃貸併用住宅自体が少ないことと、家賃収益がある為、経済的事情により売却せざるを得なくなることが少ないからと考えられます。そのような状況ですので、しっかりとした物件が中古で売りにでた際には、かなり早いタイミングで売れることが多いです。実際、購入者も家賃収益でほぼローンが返済できることが非常に魅力に映ります。ただし、あまりにも特殊な間取りで建築してしまうと、次の売却の際に売却しづらくなってしまいますので、ご注意ください。オーナースペースも、万が一、売却する際を考えて、ある程度、標準的な間取りで建築されることをお薦めします。

無料登録のメリットとは?
メール会員登録はこちら 特別会員登録はこちら