「単身者が年収がいくらあれば賃貸併用住宅を購入して住宅ローンを組めるのか?」

今の時代は昔と違い独身者でも住宅ローンが組みやすくなっていますので購入は可能です。

ただし、独身者は家庭持ちの既婚者とくらべて身軽なことから、銀行は「購入後にそこに住まずに貸し出してしまう可能性」があると見る傾向にあります※。そのため、審査は既婚者よりも厳しめになります。

※住宅ローンは契約者本人とその家族がその建物に居住する条件です。

年収は1,000~1,500万あれば、通りやすいと言えるでしょう。

審査基準は、年収以外にも建物の立地や価格も関係します。

賃貸併用住宅は建物自体が通常の注文住宅(戸建て)よりも大きいため、建物の購入額も大きくなりますし、好い立地であれば地価は上がりますので、より資金力が必要になります。

頭金も考慮に入れて、自分に適切なプランを立てましょう。