賃貸管理は基本的に管理会社が請け負います。何かあった場合の連絡や相談先はオーナーではなく管理会社にする契約を交わします。ですのでオーナーが直接クレームを受ける必要はありません。

当社がこれまで数多くの賃貸併用住宅をサポートをしてきた経験からは、駅からの距離が遠く、低グレードの賃料設定が安い物件はトラブルが多く、逆に 多少賃料が高くても都心へのアクセスの良い駅近で質の高い物件を選択する入居者はトラブルが少ないという傾向が分かっています。

つまり「立地条件」や「物件の優良性」と入居者の質はある程度連動すると言えます。そのような物件にすることでトラブルは軽減しやすくなるでしょう。

一人暮らしの女性の中には、大家さんが近くに住んでいる安心感で入居するケースも多く、そのような方はマナーがよくて騒音問題も少なく、室内をていねいに利用する傾向があります。