賃貸併用住宅のデメリットがあるとすれば、それは一般の戸建て住宅とは異なる部分の事だと言えるでしょう。
つまり、ご自宅で賃貸事業を営むというこの特性を自覚無しに建ててしまえば、それをデメリットとして感じてしまう場合があります。

賃貸オーナーであるということは、外部に委託するにせよ管理業務が発生するということ、定期定なメンテナンスが必要になること、何よりもご自宅に家族以外の他人が住居する集合住宅であるということです。

もちろん対策は可能で、賃貸併用住宅の経験がある建築士による適切な間取り設計、あらゆる角度からしっかりシミュレーション確認することで「こんなはずではなかった」事態は避けられます。

まずはマイホームを購入するとどう違うのか、賃貸併用住宅の専門家によく相談し、賃併の特性を事前によく理解しておきましょう。