アパートローンと比べると住宅ローンは非常に条件がよく、審査も通りやすい傾向にあります。
住宅ローンの場合、物件価格の100%融資(土地+建物価格を全額融資)が基本的には可能です。ただし、社会状況によって金融機関が方針を変える場合があり、それまで通っていた審査が厳しくなるといったことも起こる場合があります。

住宅ローンを利用して投資物件を保有することができる賃貸併用住宅は、これまで与信や自己資金の関係で投資物件を購入できなかった方でも、不動産投資ができる場合が多くあります。

ですがこれらのローンができるか否かは金融機関にも大きく依り、またお客さまのご属性や資産背景によっても変わってきます。また、現金を多く出さずに済む代わりに融資額が大きくなることに留意してください。

ご自身がいくらぐらいまでのローン利用できるのかを知りたい方は、無料の個別相談会で確認していただくことができます。お気軽にお申込みください。