賃貸併用は入居者に嫌われないですか?

建物の設計次第で、対応が可能です。いかにもオーナーと一緒に住まなければならないと感じる間取りや、プライバシーが守られないような設計はNGです。極力、賃貸併用住宅に見えないような外観にしたり、オーナーとの距離感を保てるような設計をすることが重要です。土地によって、その工夫は様々ですが、そのあたりの点をしっかりと守れば、通常の賃貸住宅と大きな差がでることはありません。逆に、オーナーが近くにいることの安心感を好んで入居される方も多くいらっしゃいます。事実、家賃保証を利用される場合の査定家賃も、通常の賃貸住宅と比べてほとんど差はありません。