できます。そのためには自宅部分の床面積を賃貸スペースよりも大きくすることが条件です。

自宅51%以上、賃貸スペース50%未満であれば、家賃収入を得る賃貸部屋があっても住宅ローンで融資が可能です。 条件を満たせない場合は、アパートローンになります。

自宅スペース > 賃貸スペース

こちらも併せてご覧ください。

賃貸併用住宅とは