まずは賃貸需要のある立地であることは大前提ですが、その他にも設備や性能、間取りなど、入居者に好まれるための創意工夫・努力は必須です。

どうすれば入居者に喜ばれるような物件になるか、アドバイザーと一緒によく検討しましょう。
間取り、色、インテリア、ちょっとした努力やアイデアでオシャレな人気物件になります。また共用部分を綺麗に掃除するだけで、入居率は大幅に上がります。

日本の賃貸物件は今でも古くからの地主さんが経営している場合が多く、特に手を加えずに時代遅れになってしまっているケースも多いです。
しっかりとしたトレンド知識や経営努力をすれば、競合物件に負けることはありません。工夫次第で入居率は高めることができます。