住宅ローンとアパートローンの違いとは、融資を受ける人がその物件に住むか否かで決まってきます。

住宅ローン:マイホームを対象に融資を行う金融商品で、アパートローンや消費者ローンに比べて金利が低く抑えられ、返済期間も最大35年までと長く組むことができます。

また変動金利・固定金利を選択することができ、返済方法は「元利均等返済」と「元金均等返済」から選択することができます。
銀行が融資するかどうか判断する際に一番重要視する点は「職業」「勤め先」「勤続年数」「年収」です。

住宅ローンがこのように好条件である理由は、不動産を担保にするローンでありながら、個人の信用を加味して融資される側面が大きいことだからだと言えます。

アパートローン:賃貸不動産を対象に融資が行われる金融商品です。

アパートローンは賃貸収入のある建物に対して融資され、住宅ローンよりも金利は高く設定されています。その代わり事業性次第で融資限度額は大きく広げることも可能です。
審査基準はその事業の将来の安定性、その土地・建物の市場性や収益性などから行われます。

住宅ローンは個人の年収、職業や勤務先、勤続年数といった個人の属性を審査される事に対し、アパートローンはあくまでも「事業性」「収益性」で判断され、住宅ローンよりも審査は厳しくなります。

こちらも合わせてご覧ください。

住宅ローンとアパートローンの違い