賃貸併用住宅におけるフラット35のローン適用範囲

賃貸併用住宅にフラット35は使えなくはありませんが、適しません。
その理由は、フラット35は自宅部分にのみ融資される商品のため、自宅と賃貸スペースが半々の賃貸併用住宅には半分にしか適応させられず、賃貸部分はアパートローンで借りることになります。

そうなると「低金利で長期借入ができる住宅ローンを、家賃収入で返済する」という賃貸併用住宅独自の醍醐味が薄くなってしまうのです。 そのため、フラット35は賃貸併用住宅には向いていないのです。

こちらも合わせてご覧ください。

賃貸併用住宅におけるフラット35のローン適用範囲