連帯保証人がいる場合、連帯保証人の承諾をとり、明渡しを行います。
保証会社の場合、保証会社と対応を協議します。保証会社で入居審査した入居者の場合は、明渡しまでの賃料の保証と、残地物撤去や保管に伴う費用(賃料の2か月が上限)は保証会社が負担します。