「確定申告の提出に間に合わなかったら?」
「ペナルティや罰金がありますか?」

確定申告の受付期間は、申告する所得が発生した年の翌年2月半ばから3月半ばまでです。もしもその期間内に提出できず、遅れたとしても受理はしてもらえます。

過去何年分まで遅れた確定申告は提出できますか?
過去5年分までさかのぼって申告することができます。
遅れたら何か支払うべきものが発生しますか?
支払うべき所得税は当然支払う必要がありますし、逆に還付金があれば受け取ることができます。

その他に大切なのは遅れたら支払い額に「遅延税」プラスされます。その他に「無申告加算税」が発生する場合があります。

無申告加算税の計算方法は、原則として納める税額に対して50万まで15%、50万を超える部分は20%の金額になります。

国税庁は過去7年分さかのぼって徴収する権利があります。いずれにせよ、確定申告は早めに提出しておきましょう。

帳簿付けはまとめずにこまめにやっておけば、非常に少ない手間で書類を作ることができます。今は便利なサービスもありますので上手に活用し手間を軽減する工夫をしましょう。

無申告加算税が課せられない場合もあります。
詳しくは国税庁のウェブサイトをご覧ください。