「新築を建てるなら、賃貸併用住宅がいいか、通常の注文戸建住宅がいいでしょうか?」

というご質問ですが、どちらも注文住宅ですので、予算の範囲であればご自身の思うような家を建てられます。

家計の住宅費を大きく下げたいのであれば、賃貸併用住宅は大きなメリットに感じるでしょう。ただし、賃貸スペースがある以上、極端に変わった設計はできません。

大きな違いとしては、賃貸併用住宅では大家さんとして賃貸経営をしていく必要がある点です。そのため賃貸需要があって利便性の高い土地が向いています。賃貸併用住宅は入居者と一つの建物に住む「集合住宅」です。

入居者の存在は適切な設計で気にならないようにすることはできますが、そもそも「知らない人が同じ建物に居るのがイヤ」とか「都心から離れた静かなところに住みたい」といった場合は、一般の注文住宅がよい場合もあるでしょう。