賃貸併用住宅とは

住宅ローンを家賃で返済する家 賃貸併用住宅

賃貸併用住宅とは、自分が住む居住スペースと、単身者が住む賃貸スペースが共存する集合住宅物件です。自宅の一部に賃貸スペースを併せて作る※ことによって、自分の家を建てるだけでなく、賃貸スペースから得た家賃収益をその収益を住宅ローンの返済に充てる仕組みの住宅プランです。
住宅ローン返済の大部分を賃貸収益が肩代わりしてくれるため、より少ない負担で資産づくりが可能になります。
(※オーナースペースの床面積50%以上)

賃貸併用住宅 構造の一例

メリット1:家賃収入がローンを肩代わりするから住居費を大きく下げられる

家賃収入がローンを肩代わりするから住居費を大きく下げられる

「賃貸併用住宅」の最大の特徴は、家賃収益をローンの返済に充てられることです。

後述の節税効果も合わせれば、賃貸併用住宅の購入によってかなりの家計の収支の改善を期待できます。

メリット2:首都圏エリアに家を建てられる

首都圏エリアに家を建てられる

首都圏は単身者の賃貸需要が高く、家賃を高く設定でき、安定した賃貸収益を期待できます。地価も高くなりますので、売却時にも有利になります。

「賃貸併用住宅」がローリスク・ハイリターンと言われる理由に、ローン返済の負担が低くなるのにそのような住宅が手に入るからでもあるのです。

首都圏の土地探しから始める
「賃貸併用住宅」

-賃貸併用住宅に首都圏を
お勧めする理由-

  • ・一都三県(東京、埼玉、神奈川、千葉)
  • ・都内からアクセスしやすい通勤圏
  • ・駅から徒歩15分圏内が基本

賃貸併用住宅は、上記を満たす「好立地」に建てることを基本的におすすめしています。

その理由は日本の人口動向が、東京圏(東京・埼玉・神奈川など)へ一極集中して人口流入が年々加速していることにあります。
その流入の大半は、東京に仕事を求めてやってくる単身者で、駅近であれば彼らの賃貸需要は高い傾向にあります。

オーナーにとっても、首都圏は快適な通勤圏内にもなるでしょう。

参考:総務省「住民基本台帳人口移動報告」平成27年(2015年)結果
http://www.stat.go.jp/data/idou/2015np/kihon/youyaku/

メリット3:老後に向けて資産構築しやすい

老後に向けて資産構築しやすい

賃貸併用住宅は、通常の戸建住宅より無理なくローン返済が可能なので、そのゆとり分を資産に回したり、別の投資を行うこともできます。

首都圏の好立地(主要沿線の駅徒歩15分以内等)は売却時にも高価格を設定しやすく、将来は3000万~7000万ほどの資産となり、巨大な退職金代わりになるでしょう。

ローン完済後は住み続ける、売却する、貸す等、通常の戸建住宅よりも選択肢が増えます。住み続ければ家賃がそのまま収入となります。

メリット4:節税対策ができる

節税対策ができる

住宅購入することで住宅ローン控除ができること、そして固定資産税の評価額を通常の戸建住宅(自宅)よりも低くすることができ、確定申告をすることで相続税、固定資産税、所得税の節税が期待できます。

住宅取得に伴う確定申告は複雑な部分があるので税理士に相談しながら上手に節税・減税してゆきましょう。

メリット5:生命保険の替わりになる

生命保険の替わりになる

住宅ローンで物件を購入する場合は、団地信用生命保険=通称「団信」に加入することになります。
団信とは、債務者(ローンを組んだ一)が万が一亡くなってしまった場合、保険会社がローンの残債を死亡保険で支払ってくれる仕組みです。

残された家族の経済的負担を下げ、金融機関にとっては、債権回収リスクの回避として活用される保険です。一度検討してみてもよいでしょう。

インベストオンラインの「土地から探す賃貸併用住宅」は、土地有りきではなく、土地がないからこそ、逆算して安定した賃貸需要の場所を見つけ出すことから始まります。

そして新築ならではのメリットを最大限生かし、その土地とオーナー様のご予算をフルで生かした、最良策をご提案しております。

賃貸併用住宅をより詳しく知る場をご用意しています。ぜひご利用ください。

賃貸併用セミナー
まずは話を聞いてみたい

土地から探す賃「貸併用住宅」の成功ノウハウや注意点を専門家が惜しみなくお話いたします。

物件紹介・ご相談
相談したい・土地を探したい

セミナーよりも詳しく聞きたい方、物件の紹介を受けたい方、具体的に検討したい方等におすすめです。

書籍無料プレゼント
読んで学びたい

堅実に資産を築くハイリターンな仕組みの魅力とノウハウを詳しく解説。弊社代表著。

無料メール会員登録
情報を受け取る

「賃貸併用住宅」のノウハウ、セミナー情報、物件情報など「賃貸併用住宅」のお得な最新情報をお届けします。

弊社の個人情報の取扱いに同意して