賃貸併用住宅の仕組み

賃貸併用住宅とは、自宅の一部に賃貸スペースを併せて作ることによって、マイホームを実現するとともに、賃貸スペースより家賃収益を得て、その収益を住宅ローンの返済に充てる住宅プランです。
つまり、住宅ローン返済の大部分を賃貸収益が肩代わりしてくれる仕組みです。

通常の住宅

自宅だけの場合

  • 3LDK
  • 35年ローン 金利0.975%
  • 借入額7,000万円(土地+建物)
  • 借入返済:月19.7万円
  • 家賃収入:0

実質負担19.7万円

賃貸併用住宅

賃貸併用住宅の場合

  • 3LDK + 賃貸スペース2部屋
  • 35年ローン 金利0.975%
  • 借入額:7,000万円(土地+建物)
  • 借入返済:月19.7万円
  • 家賃収入:月18万円(6万円/室x3)

実質負担1.7万円

※上記のシミュレーションは一例としての概算です。お客さまのご要望、ご属性などによって数字は変わります。あくまでも目安としてご活用ください。

 
これまで、一般のサラリーマンの方々にとっては、都内の一等地に自宅を購入することは非常に敷居の高い話でした。しかし、住宅ローンの一部を家賃収益が肩代わりしてくれる『賃貸併用住宅』プランを利用すれば、例えこれまで手が出なかったような都内の人気エリアに一戸建てを所有しても、普通に住宅を購入する場合と比較して、圧倒的に少ない費用負担で自宅を購入することが可能となります。また、ローン返済後も家賃収益はそのまま残りますので、老後の安定収入源として利用し、将来の暮らしに大きな安心と余裕をもつことができます。
 
賃貸併用住宅(中古含む)では、物件を購入するにあたり、一般の住宅ローンを利用します。自宅の一部を貸すのに住宅ローンが使えるのかと思われるかもしれませんが、住宅ローンの融資条件は、一般に自宅の一部を店舗や事務所などに使う場合に配慮し、住宅部分が50%以上あればよいとなっており、半分を賃貸用に使っても住宅ローンを組むことが可能です。
 
また、住宅ローンは、種々のローンのなかで最も優遇されたローンであり、マンションやアパートに投資する場合などと比べても、圧倒的に低金利かつ長期のローンを組むことが可能です。この制度を利用して、自宅だけでなく賃貸併用住宅を購入することにより、賃貸部分より得られる家賃収益を住宅ローン返済にあてることが可能です。
 

「賃貸併用住宅」のメリット

メリット1

首都圏の人気エリアに、マイホームを建てられる

賃貸併用住宅なら、首都圏の人気エリアに、非常に少ない費用負担でマイホームを入手することが可能です。何故、あえて地価の高い人気エリアを選ぶのでしょうか?
 
理由(1)
賃貸スペースより安定した高収益が見込める

理由(2)
将来価値が下がりにくい、優良な資産構築である

理由(3)
オーナーにとっても、快適な通勤エリアである 

今後、人口が減少傾向にある我が国の状況のなかでも、ビジネスに関しては一層首都圏に集中し、期的に人口の増加傾向が続くことが予測されております。したがって、全国の中でも首都圏は、他の地域より不動産の資産価値が下がりにくいエリアと言われています。

賃貸物件としても、首都圏の物件はビジネスマンに人気があり、今後も不足傾向が続くことが予測されており、家賃を高く設定することができます。

メリット2

オーナー様の理想を実現する自由設計プラン


オーナーの収支プランや家族構成にあわせて、住居と賃貸スペースの間取りを決定できます。
収支を重視する場合は最大50%まで賃貸スペースを組み込み可能ですが、家族が多い場合はもちろん、住居スペースを広くすることも可能です。

メリット3

本プランは老後に向けた資産構築、年金代わりになります


本プランで自宅、投資物件を購入した場合、通常に比べて無理なくローンの返済ができるうえ、老後に向けて大きな資産と不労所得を確保することができます。ローン返済後は自宅や収益物件だけが残りますので、計画的な私設年金づくりとして、非常に有効な方法といえるでしょう。

メリット4

本プランは生命保険の代わりになります。


ローンで物件を購入する場合、団体信用生命保険(団信)に加入することになります。団信とは、ローンを組んだ人に万が一の事態があって亡くなった時、保険会社がローンの残債に相当する保険金を金融機関に支払ってくれる為、家族にはローンの返済が終わった自宅や収益物件だけが残り、その後も安定した生活を送ることができます。一般の生命保険でこれだけの充実した補償を得ようとすると、かなりの額の保険料が必要となります。

メリット5

実は、通常の住宅購入方法に比べて、圧倒的にローリスク!


本プランを利用した場合、通常の住宅購入方法に比べ、圧倒的に返済不能リスクが低くなります。何故か?それは返済する為に必要な給与所得に追加して、賃貸部分の家賃収益が入る為です。将来的に、例え給与所得が減ってしまったとしても、家賃収益で補える可能性が高く、返済不能のリスクは格段に低くなります。

一括借り上げシステムで
家賃を保証!!

「一括借上システム」とはオーナー様ご所有の賃貸住宅部分を一括して借り上げ、それを入居者に転貸するシステムです。

万一空室が出ても、毎月安定した賃料を受け取ることができます。
また、入居者募集から建物の運営管理、家賃の集金など全て委託できるため、入居者との管理・交渉・折衝などをオーナーさまが行う必要は一切ありません。

賃貸住宅の経営が初めての方や空室発生による収入変動が気になる方、煩わしい手続きをすべて任せたいという方に最適のシステムです。
 

事例紹介

事例紹介をもっと見る

都内のマンションに家族で住んでおりましたが、家賃が28万円もすることもあり、近所で一戸建ての購入を検討しておりました。

偶然、担当者の方と知り合うことができ、今のマンションより更に駅に近い一等地で賃貸併用住宅プランの物件をご紹介頂き、色々とご説明をお伺いしました。はじめは、本当にこんな良い話があるのか?と、少し疑問に思いましたが、担当の方々が良いことも悪いことも、併せて正直にお話してください、リスクを考えても本当に良い物件(プラン)であることがわかりました。当社のご紹介で、大手都市銀行からも本プランでご融資頂けることになり、最終的に購入を決定しました。

今まで月額28万円掛かっていた負担が、住宅ローンの控除を含めると、ほとんどゼロですみますし、35年経てば全て自分の資産になる、しかも返済が終了しても家賃収入が続くとあって、不景気で将来不安だった家族の生活や老後の生活が、保障されたようで、かなり気が楽になりました。

また、内部の設計や外観なども自由に変更できる為、精一杯、無茶や我がままを言い、何度も打ち合わせをしましたが、嫌な顔ひとつせず、一緒になってアイデアを考えて頂き、自分独自の素晴らしいマイホームプランとなりました!!とても楽しかったです。

住宅ローンがご利用可能な方であれば、絶対に検討する価値があるプランだと思います!!

無料登録のメリットとは?
メール会員登録はこちら 特別会員登録はこちら