併用住宅の建物について


賃貸併用住宅の建て方には、様々なパターンがあり、一概にこの建て方が良いというのはありません。
土地に建てられる建物は、エリアによって規制が違い、同じ広さの土地でも建てられる建物の構造、高さ、大きさなどは全然違うものとなります。
 
代表的なものとして、都市計画法および建築基準法により、大部分のエリアは12種類の用途地域が定められており、それにより建てられる建物の種類(住宅、店舗、施設など)が決められます。
 
またさらに首都圏はエリアごとに高度地区が定められているケースが多く、更に建物の高さが規制されます。この他にも様々な規制があり、その土地にどういう建物が建てられるのか判断できるようになるには、一般の方には少し困難です。
 
賃貸併用住宅は土地探しからはじめるケースが多く、それらを熟知した人にご希望の条件を伝え、探してもらうほうが現実的です。
 
建築規制についてあまり細かいお話は割愛しますが、ここでは、代表的な建物のパターンをご紹介します。
 
2階建てタイプ
3階建てタイプ
4階建て以上のタイプ
建物の間取り、設備、デザインについて

無料登録のメリットとは?
メール会員登録はこちら 特別会員登録はこちら