建物の間取り、設備、デザインについて

賃貸併用住宅が通常の一戸建てと違う最大のポイントは、賃貸住宅として入居者に選ばれるよう、価値を出さなければならない点です。通常はオーナーの趣味・嗜好だけで建築しても問題ありませんが、賃貸住宅には流行やセオリーが数多くあり、それらをしっかりとおさえたうえで、間取り、設備、デザインなどを決める必要があります。このあたりも素人の方には難しいので、不動産投資の知識の少ない方などは、プロのアドバイスを受けることをお勧めします。
 
よくある疑問として、オーナーが同居している賃貸併用住宅は、入居者が入りにくいのでは?というのがあります。確かにこのポイントは注意が必要な点ですが、下記の方法で十分カバーが可能です。
 
 
(1)オーナーが同居している賃貸物件とはわからないような外観、設計にする。
⇒アパート、マンション風に作れば、言わない限りオーナーが同居とはわかりません。
 
(2)オーナーが同居していることを逆に長所として魅力を出す。
⇒地方から出てきた一人暮らしの女性などは、大家さんが近くに住んでいることで逆に需要があります。実際に、賃貸併用住宅は女性の入居者も多いです。
 
(3)オーナーと賃貸人の入り口や住居スペースなどを完全に分離し、気にならないようにする。
⇒土地によって可能なアプローチが違ってきますので、コンサルタントや設計士に経験とアイデアが必要です。
 
(4)賃貸併用でも入居したくなるような差別化された価値を提供する。
⇒お洒落なデザイン、流行の設備、ペット可、同じ趣味が集まるシェアハウス、部屋の目前に車やバイクの駐車場を設置するなど、アイデアとちょっとした努力次第で、需要を取り込むことができます。
 
今のところ、弊社の事例で考えても、上記方法で回避することにより、家賃が下がったり、入居率が落ちたりはしていません。サブリースの家賃保証の金額も、通常のアパート・マンションと変わりない家賃保証金額が出ています。

無料登録のメリットとは?
メール会員登録はこちら 特別会員登録はこちら