入居者とのトラブル対処(音) 音に関する対処方法

賃貸併用住宅には非常に多くのメリットがありますが、通常の一戸建てと比較すると、アパート・マンションに住むのと同じで、音、プライバシーの問題が発生する場合があります。
 
これらは、間取りの取り方でかなりの部分回避することが可能ですが、賃貸併用住宅について経験値の高いコンサルタントや設計士でなければ難しい設計ですのでご注意ください。

また最近の建築技術は進化しており、音の問題など、昔に比べればかなり軽減できるようになっていますが、やはり0にすることはできません
 
しっかりとしたコンクリート造マンションでも、トラブルが発生する場合もあります。
ただし、音やプライバシーの問題は、入居される方によって感じ方に大きな差があります。
 
多少の音なら気にならない方や、同じ建物に他人が住んでいることがほとんど気にならない方もいれば、少しでも嫌という方もいらっしゃいます。

対処方法

まずオーナーはご家族とよくご相談頂き、問題ないことを確認してからご判断ください。(あまりにも神経質な方には向かない場合もあります。)
 
また土地の形状などにもよりますが、前述のとおり、間取り、設計のやり方次第で、音、プライバシーの問題はかなり軽減することが可能ですので、賃貸併用住宅に詳しい設計士、コンサルタントの意見をしっかり聞いたほうが良いでしょう。

 

無料登録のメリットとは?
メール会員登録はこちら 特別会員登録はこちら