「リノベーション」と「リフォーム」の違いとは

「リノベーション」と聞くと、「リフォームとどこが違うの?」と思われるかもしれません。実際のところ同じ意味で使われていることもあるのですが、二つの言葉が持つニュアンスの違いについて理解しておくと、不動産投資をする際にとても役に立ちます。

■「リフォーム」とは、古くなった建物・部屋を新築の状態に戻すこと

一般的に「リフォーム」は、老朽化した建物や部屋を新築の状態に戻すことを指します。マンションやアパートで住人が退居した後の部屋を、入居前の状態に戻すことを「原状回復」と言いますが、それを指してリフォームと言うことも多いのです。

例えば、汚れてしまった壁紙を新しいものに張り替えたり、老朽化した設備を取り替えたり、建て付けが悪くなった戸などを直したりなどといった作業です。

ただし、それほど大きな改修にならない範囲で前とは違う壁紙に張り替えたり、キッチンの設備を新しいものに入れ替えたりという場合でも、リフォームと呼ばれることがあります。そのため、必ずしも「新築時と全く同じにする」という意味ではないと言えます。

「使用した結果、マイナスの状態になったものをゼロの状態に戻す」というニュアンスが近いかもしれません。