【断末魔の中韓経済】中国不動産バブル崩壊へ 押しとどめる術はない…

中国の不動産バブル崩壊については、本連載において定期的に取り上げてきた。現在、中国の不動産価格は、国家統計局が数値を発表するたびに、「前月より悪化する」状況が続いている。

 2014年4月の中国新築住宅価格指数は、主要70都市のうち、6都市が対前月比で下落した。5月は35都市。6月は55都市。そして、8月18日に国家統計局が発表した7月の新築住宅価格は、64都市が対前月比下落となったのである。ついに、主要70都市で新築住宅価格指数が対前月比で下落した都市が全体の9割を超えてしまった。

 問題なのは、北京や広州、上海など、中国の不動産バブルの主役を務めていた都市においてまで、住宅価格指数が下落に転じたことだ。