とやまホーム管理サービス 思い守る「100円不動産」

んなに立派な家でも、継ぐ人がいなければ空き家になってしまいます。「先祖代々住み続けてきた家を残したい」というお年寄りの思いを守るため、新たな居住者を探す「100円不動産」プロジェクトが始まりました。

 「もう、家を継ぐ者がおらん」。お年寄りの相談です。娘さんが付き添いで「最近会話が通じない時がある」と、残された時間が少ないことを説明します。「もう使わない空き家の実家を使ってくれる人を探してくれないだろうか?」