アップルが開発拠点を開設予定地は野村不動産&パナ開発のスマートシティへ

iPhone や、ウェアラブル端末となるアップルウォッチを展開するアップルの開発拠点設置の予定が、昨年末の衆議院議員選挙の際に安倍総理の口から語られた。同社の開発拠点が開設される予定地が野村不動産とパナソニックがタッグで開発するスマートシティになることが3月25日、明らかになった。

 安倍総理という国のトップからの公表される、巨大米エレクトロニクス企業の研究開発拠点開設が、国内でもトップグループの企業により開発される社会的な広がりも巨大なプロジェクトとなりそうだ。

 今回、野村不動産はパナソニックと共同で、横浜市港北区綱島東にあるパナソニック事業所跡地を活用し、次世代都市型スマートシティを開発する。同地区は環境に配慮した、エコフレンドリーな都市になる見通しで、「Tsunashima サスティナブル・スマートタウン」として開発される。