アメリカの移民制度EB-5が中国人に大人気 不動産などの投資が過熱

2015年7月30日、米紙デイリーニューズはマンハッタンのほぼ全体がチャイナタウン化したとの記事を掲載した。31日、中国新聞網が伝えた。

マンハッタンに数々あるランドマーク建築を中国企業が次々購入している。2015年だけで38億ドル(約4710億円)と前年比で3倍以上の金額が投資された。米国全体で見ても中国企業による米商業物件の取得額は2014年に初めて100億ドル(約1兆2400億円)を突破している。