イギリス不動産株下落は日本の不動産市場にどのような影響を及ぼすか?

Brexitの実態不動産の影響は当面限定的

 2016年6月23日のBrexitの国民投票から1か月が経過しようとしています。
イギリスがEUから離脱する国民投票の結果を受けて、早速不動産価格にも影響が出てきました。
どうなるイギリス、どうなるEU?日本の不動産価格への影響は?といった疑問が出てきます。
「あまりない」というのが結論ですが、理由を簡単に解説したいと思います。
                
                        
実物不動産と金融不動産の違いに注目

 イギリスにとっては国を揺るがす決定です。
イギリスの不動産業界でも、不動産ファンドの解約殺到で解約の受付を停止したとか、証券市場でも不動産株が大きく値を下げたとか報道されています。

その背景は、イギリスがEUから離脱すると、EU域内で経済活動を行ないたい企業が、イギリスから撤退しドイツやフランスなどに転居し、オフィスの空室率が上昇するから、今のうちに解約しておこう、そして、オフィスの空室率が上がれば、不動産価値が下落するだろうから、不動産株も売られるわけです。

 そのことが報道されると、イギリスの不動産市場全体が崩壊するような印象もありますが、そう判断するにはまだ早い。
その理由を説明する前に、不動産市場には「不動産『実物』市場」「不動産『金融』市場」の2種類あることを知っておきましょう。