サザエさんに登場する不動産を査定 カツオが野球する空き地は4億円?

かつては『磯野家の謎』(東京サザエさん学会/飛鳥新社)、最近では、『磯野家の相続』(長谷川裕雅/すばる舎)と、『サザエさん』(フジテレビ系)関係のネタは出版界での定番モノになっているが、そのなかでも不動産関係者の話題になっているのが『サザエさんの「花沢不動産」はなぜ潰れないのか?』(齋藤智明/宝島社)だ。なぜ潰れないのかは同書を読んでもらうとして、興味深いのはコンサルティング型不動産業者である著者が、磯野家の不動産に査定を入れるというテーマ設定だ。

「まず、不動産の査定にあたり、必要になるのが物件の特定です。サザエさん家族が住んでいるのは『あさひが丘駅』から徒歩圏内の閑静な住宅街といえる場所にあります。(略)波平やマスオが朝バスに乗ることもあるため、およそ駅から徒歩10分以上20分以内の場所ではないでしょうか」(同書より)

 ただし、査定するには場所の特定が必要なため、作者にちなんだ長谷川町子美術館(東京都世田谷区桜新町1丁目)があるあたりと仮定する。東急田園都市線「桜新町駅」から徒歩7分程度の第一種低層住居専用地域(建ぺい率50%、容積率100%)だ。

 土地面積はアニメの間取りから推測して、「床面積は約105平米とし、磯野家は平屋造りになり」必要な敷地面積は210平米と逆算する。この地域の路線価は46万円/平米となっているので、210平米×46万円/平米=9660万円となる。

 路線価を市場価値に合わせて1.25倍して、およそ1億2000万円。

「このあたりですと、やはり人気があるので、更地で70万円/平米で取り引きされているようなので、210平米×70万円=1億4700万円くらいになります」(同書より)