サンケイビルがベトナム進出、不動産管理で合弁会社設立

サンケイビルは29日、子会社を通じてベトナムに合弁会社を設立し、首都ハノイで不動産管理事業を始めたと発表した。サンケイビルグループの海外進出は今回が初めて。現地の不動産関連3社との合弁で、資本金150億ドン(約8000万円)のうち、サンケイビルマネジメントが最大の40%を出資。今後、合弁先以外も含めたマンション、ビルや工業団地などの管理のほか、不動産コンサルティング業務も手掛ける。