スペイン経済回復? 不動産価格が2007年以来の速度で上昇

2008年の不動産価格暴落に始まり、2012年から本格的な経済危機に陥ったスペイン。失業率は25%を超え移民が帰国したり他国に出稼ぎに行く人が増えたりして、今や人口減少問題まで抱え込んでいる。スペインで今、不動産価格が8年ぶりの速度で上昇している。

 スペイン政府統計庁が発表した第2四半期の不動産価格は、4月から6月にかけて前年同期比4%増。新築住宅は最高4.9%、中古住宅は最高3.8%の値上がりを見せており、スペイン経済はゆっくりと回復傾向にあるようだ。

米投資サイトNu Wire Investorは、年内にあと50000軒の新築物件の売却、来年にかけてさらに平均価格が4%まで上昇すると見込んでいる。