スマホでドア開閉を可能に、不動産運用会社の管理住宅で実証実験 -リクルートなど

不動産・住宅サイト「SUUMO(スーモ)」を運営するリクルート住まいカンパニーは、スマートフォンを使ってドアの開閉を行える”スマートロック機能”を使った物件内覧の実証実験を開始した。

今回使用されるスマートロック設備「Qrio Smart Lock(キュリオスマートロック)」は、「鍵をシェアする」をコンセプトに製品開発をおこなうキュリオ(Qrio)社とリクルートによる共同サービス開発の一環。不動産運用のエー・ディー・パートナーズが管理する住宅2棟を対象に実施される。

同製品は、ドアの工事なしで設備の脱着が可能なほか、さまざまな形状のカギに対応できるもの。物件内覧時は、不動産仲介会社の担当者が専用アプリをスマートフォンにインストールし、カギの開閉を実施。セキュリティー面では、キュリオの出資元でもあるソニーが技術支援を行う。

これまで不動産業界では、鍵の管理や物件内覧時の鍵の受け渡しの煩雑さが課題となっていたという。リクルートでは引き続きキュリオ社とのサービス開発を進め、業務効率化を目指す考え。

以下は、Qrio社が提供するスマートロックの紹介映像。利用イメージや開発上の工夫点などを確認できる。