スマートロックによる賃貸物件向けサービス「スマート内覧」–IoTを不動産分野で活用

9月28日に開催されたイベント「テクノロジが創世する不動産産業の新潮流 ~Real Estate Tech 2016 Summer~」では、不動産ビジネスが最新テクノロジでどのように変貌するかというテーマを掲げ、「Real Estate Tech」プレイヤーが一堂に会した。

 最新テクノロジの活用例として、不動産業界ではモノのインターネット(IoT)を使う取り組みがすでに登場している。ライナフがインターネット対応スマートロック「NinjaLock」を採用して提供する、無人内覧サービス「スマート内覧」である。当記事では、ライナフ代表取締役の滝沢潔氏が同サービスを解説し、関連サービスから見た賃貸不動産ユーザーを分析するなどした講演「IoTを活用した無人内覧サービス『スマート内覧』」の概要を取り上げる。