スリランカ、中国資本の不動産開発案件を一時保留

[コロンボ 5日 ロイター] – スリランカ政府は、中国企業が首都コロンボで進める15億ドル規模の不動産開発プロジェクトについて、必要な政府機関の承認なしに開始されたため、一時保留にした。

中国交通建設(CCCC)はコロンボの埋め立て地にショッピングモールやゴルフコース、ホテル、マンション、マリーナなどを建設する計画。スリランカでの中国資本開発案件としては最大規模の一つ。