タダでも手を出すな? 中国で不動産価格が低迷する都市=中国メディア

中国の不動産価格が低迷していることについて、中国メディアの搜房網は22日、「不動産市場が崩壊する可能性のある都市」を紹介する記事を掲載し、読者に向けて「2015年に絶対に当該都市の不動産を購入してはいけない」などと呼びかけた。

 記事は、中国社会科学院財経戦略研究院が「不動産市場はすでに需給のバランスが全面的に崩れている」、「改革を推し進めない限り不動産価格がさらに下落する」などと警鐘を鳴らす報告書を発表したことを紹介。

 さらに、「多くの中国人が今なお不動産価格が再び上昇に転じると期待を寄せている」とする一方、一部の都市ではすでに不動産価格が暴落し始めており、「この状況は不動産バブルがまもなく崩壊する予兆ではないか」と論じた。