ドバイ不動産取引2.1兆円、前年比1000億円増(1~3月期)

ドバイの今年2015年第1四半期(1~3月期)の不動産取引総額が、総額640億ディルハム(約2.1兆円)となったことが、ドバイ政府不動産局の統計で判明した。対前年同期比では30億ディルハム(約970億円)増加。123カ国から8650人の外国人投資家が取引を行っており、その取引額は120億ディルハム以上となった。

 モーゲージによる取引は3000件以上、総額370億ディルハム以上(約1.2兆円)。湾岸エリアなどの物件が人気化しており、また、インド、パキスタン、英国などから投資家の資金が多く流れ込んだことで活発な取引となった。