ビル賃貸業は08年10月以来マイナス水準を脱する

土地総合研究所は23日、「不動産業業況等調査(2014年4月1日時点)」結果を発表しました。それによると「ビル賃貸業」は0.0(前回調査比12.0ポイント上昇)となり、08年10月以来続いていたマイナス水準を脱しました。

ちなみに「ビル賃貸業」の成約賃料動向は4.3(同4.3ポイント上昇)となり、5年超ぶりにプラス水準となりました。