フェイスブック共同創業者がほれ込んだ新興企業、不動産に風穴開ける

米フェイスブックを離れざるを得なくなってから10年。同社の共同創業者エドゥアルド・サベリン氏は、支援していることを誇れる新たなインターネット新興企業を見つけた。

  今度はアジアのベンチャーキャピタリストとして活動しつつあるサベリン氏は、ダリウス・チャン氏(35)が設立し、シンガポールで住宅探しサービスを手掛けるほぼ無名の99.COが有望だと考えている。2009年にシンガポールに居住地を移してから動静が目立たなかったサベリン氏が同社にお墨付きを与えるのは異例だ。

  ブラジル出身のサベリン氏は、先月下旬に開かれた99.COの設立2周年記念イベントに参加し、メディアの前で珍しくチャン氏と並んでカジュアルインタビューに臨んだ。サベリン氏は「彼はビジネスを発展させてきた。質が高く、新興企業の世界で2つの見事な特徴を兼ね備えている」と説明。「1つ目はしっかり集中していること。相当多くのリソースがあり、壮大なビジョンもある。集中する必要がある。2つ目は断固とした業務執行だ」と話した。

  チャン氏は不動産のリストにグーグルのようなアプローチを持ち込み、プロパティーグルなどの主要ライバル企業に挑戦しようとしている。この戦術で、伝統的な業界モデルをひっくり返すことができると考えている。