ブロックチェーンで不動産売買が変わる

専門家はブロックチェーン技術による改ざん不能なデータ記録の活用でより安全になるニッチな市場をいくつか挙げている。例えば、 国際間のアート作品の取引、医薬品や高額商品の取引などだ。しかし不動産市場に与える影響はさほど注目されていない。

HomeInsightによると、一般的な住宅保有者は5年から7年で自宅を売却し、個人は一生の中で平均11.7回の引っ越しをするという。普通のアメリカ人にとって国際間におけるアート作品の取引が変わったからと言って何か影響があるわけではないだろうが、不動産市場の変更は毎年何百万人に直接的な影響を及ぼすことになる。

住宅を購入することは、多くの人にとって人生最大の買い物だろう。しかし、これまで購入までのプロセスを早めたり、購入者、貸出主、住宅保有者にとって安全な取引をしたりするためのテクノロジーの進化はほんの少ししか見られなかった。この記事ではブロックチェーンが不動産市場をディスプラトする3つの面を検討する。システムを加速させ、透明性を担保し、関わる全員にとって安全な投資ができるという点だ。
プロセスを加速させる

2014年の「鈍い」販売の後、住宅価格は急上昇し、2015年の秋には何人かの専門家が不動産市場はバブルに突入しているとして、グレート・リセッション(訳注:2008年の世界的な景気後退)までの急上昇よりさらに酷い状況だと警告するほどだった。住宅への需要はこれまで以上に高くなってるが、新しい住宅建設は少ないため、今ある物件価格が高騰している。2015年8月には住宅販売の一時的な低下があったものの、専門家は今後も住宅価格は上昇し続けると予想している。

販売住戸が足りていない状態で、アメリカの不動産市場がバブルにあるかどうか判決を考えている間にも、購入者と販売者はどちらもなるべく早く書類にサインをして、取引を完了させたいと願っている。しかし、古典的な不動産市場に「簡単で早い」というイメージはない。不動産取引はいつも複雑で面倒なものなのだ。

国の政府機関は不動産の取引や権利の引き渡しに数多くの規制やコストを課し、システムの速度が遅くなっている。設備や住宅全体の検査を含む販売時の義務や多様な販売制限により、購入者と販売者が取引の締結に合意していたとしても、住宅取引はかたつむりほどのスピードしか出せない。