ベトナムへの不動産投資が急増

ベトナムの不動産市況が回復を示し、外国人による不動産投資が急増しているとベトナムの声放送(VOV)が伝えました。
計画投資省によると、1―3月の不動産への外国直接投資(FDI)は2億8800万ドルで、全体の8・6%を占め、分野別で製造業(23億ドル)に次ぐ2位となりました。不動産投資には、香港企業によるホーチミン市での住宅開発プロジェクトへの約2億ドルの投資が含まれています。