ルーブル暴落 車、テレビ、不動産 ロシアで駆け込み需要広がる

通貨ルーブルの暴落でインフレに拍車が掛かり物価上昇傾向が強まるロシアで、市民が手持ちのルーブルを電化製品や車などの耐久消費財や不動産の購入に充てる動きが出ている。さらなる物価上昇を見越した駆け込み需要で、テレビなど品薄になった商品も出始めた。

 「今週は2回値上げしたのに、飛ぶように売れる」。モスクワの不動産屋に勤めるエカテリーナさん(42)が扱う郊外の新築集合住宅は、最近のルーブル暴落後に売れ行きが伸び、価格帯を問わずほぼ完売したという。