三井不動産、バンコクのマンション事業拡大 1万戸超に

【タイ】三井不動産はタイの不動産ディベロッパー、アナンダー・ディベロップメントと共同で進めるバンコクでのマンション開発で、新たに3物件(約2100戸)の販売を10月に開始する。バンコクでのマンション事業はこれで、計12件、約1万100戸になる。

 新たに開発する3物件は▼地下鉄ペチャブリ駅徒歩4分の「アイデオ・モビ・アソーク」(地上37階、507戸)▼高架電車BTSバンジャーク駅徒歩2分の「アイデオ・スクンビット93」(地上35階、1332戸)▼BTSウドムスク駅徒歩1分の「アイデオ・モビ・スクンビット66」(地上28階、298戸)で、いずれも2018年竣工の予定。