三井不動産:都心部でオフィスビル開発 東京五輪に向け

三井不動産は13日、2015〜17年度の中期経営計画を発表した。20年の東京五輪に向けて都心部でオフィスビルを開発するなど、国内外に1兆500億円を投資する。物件の提供だけでなく、異業種交流の機会を用意するなどソフト面も充実させる。

 三井不動産は15年3月期連結決算で、売上高、営業利益とも三菱地所を上回ったが、中期計画でさらに収益を強化。1860億円の営業利益を18年3月期には2450億円に増やす。