上海不動産暴騰、サブプライム

昨年来、経済崩壊が懸念される中国ですが、先週あたりから不動産バブル再来が話題となっています。
ちょうど「マネーショート」が話題の今ですが、だれがどう考えても中国はバブルだったわけですし、今般の急上昇はやはり異常なものなので今後が心配です。

わが国の不動産もご存知のとおり「爆買い」の範疇にあり、大都市部や京都など、チャイナマネーの恩恵も否めません。
実際に投資物件取り扱い業者を中心に、中国経済崩壊→爆買い消失について懸念が広がっており、買い控えもしくは在庫処分の現場の動きも起こってきています。

とりあえず、上海の現状報道を。