不動産投資はまだまだ盛り上がるのか、国交省、市場規模を20年をめどに倍増30兆円に

先日の地価公示で不動産市場の上昇傾向が鮮明になったばかりですが、本日、不動産投資市場を2020年をめどに倍増させ30兆円にする、という報道が出ました。

不動産投資市場30兆円に 国交省、20年めど倍増目標(日本経済新聞)

 国土交通省は東京夏季五輪がある2020年ごろまでに、不動産投資の市場規模を30兆円程度に倍増させる中期目標を打ち出す。マイナス金利政策導入で運用難に陥った投資マネーを取り込み、医療・介護などの施設整備を後押しする狙い。具体的には上場する不動産投資信託(REIT)への税制優遇措置などを検討する。

不動産投資市場30兆円=20年に倍増目指す—国交省懇談会(ウォールストリートジャーナル日本版)

不動産投資市場の活性化策を検討している国土交通省の有識者懇談会は22日、市場拡大に向けた成長戦略をまとめた。不動産投資信託(J—REIT)など資産総額で現在約16兆円の市場規模を、2020年ごろに約30兆円に倍増させる目標を打ち出した。

ここで想定する不動産投資の市場がホールセールをにらんだものなのか、リテールも考えてのものなのかは定かではないですが、現状の市況では少し手を出すのに怖い感じになってきています。

価格は高騰し、利回りは下がり、中国の経済動向の懸念も出てきているからです。

オリンピックまでには一服あるとの見方も出てきていますが、果たしてどのようになるでしょうか。