不動産投資ブーム再来!?増加する不動産大家

今年の消費税増税に伴い、駆け込み需要で購入が多かった不動産ですが、消費税導入後も高額物件などが好調なようです。最近は、自分の住宅というよりも賃貸や売買などの副業で購入する人も増えてきているとか?なぜ不動産をもつのか気になる所です。調べてみました。

不動産投資とは?
 不動産投資とは、家やマンション、土地などを売買してその売却益を得る事、または建物を賃貸して賃貸収入を得たりする事、利益を得る目的で、不動産事業に資金を入れて運用することを言います。しかし最近の不動産投資は、いろいろな形態がでてきています。例えば、投資信託などで不動産投資をする事ができます。直接、建物(マンションや住宅)、土地などを買わなくても、マンション、オフィスビルなどに投資している不動産投資信託(REIT)という投資信託に投資することでその運用益を得る事ができるからです。不動産投資は、銀行へ預けるよりもハイリスク、ハイリターンで、株式投資などの金融商品に投資をするよりもリスクは低いと言われている事から「ミドルリスク、ミドルリターン」の投資とも呼ばれています。不動産投資は、賃貸収入など安定した収入が見込めたり、投資する金額が大きいので土地や建物の価値が上がった場合は売却益のリターンも大きくなる半面、空室があると賃貸収入がみこめない、建物の管理・メンテナンスの必要があったり、すぐに換金できないなどとリスクとなる要因もたくさんあります。