不動産投資先ランキング、ロンドンが首位に

米不動産外国人投資家協会(AFIRE)が6日発表した年次調査によると、世界の不動産投資家が今年選好する投資先ランキングで、ロンドンが昨年首位の米ニューヨークを抜いてトップとなった。

3位は米サンフランシスコ、4位米ヒューストン、5位米ロサンゼルスと続いた。

米国は国として最も「安定的かつ安全な」投資先の座を守り、2位のドイツに50%ポイント強の差を付けた。この差は2006年以来の大きさ。