不動産投資市場が活況 個人投資家の69%が「2016年も東京圏は価格上昇」

不動産投資が活発化する中、多くの個人投資家が不動産価格の上昇を予想している。中でも、東京圏の価格上昇を予想する人が多いようだ。

 不動産投資が活発化する中、多くの個人投資家が不動産価格の上昇を予想している。中でも、東京圏の価格上昇を予想する人が多いようだ。

 総合不動産サービス大手のジョーンズ ラング ラサール(JLL)が11月30日に発表した不動産市場に関するレポートによると、2014年の商業用不動産投資額は4兆7,000億円で2012年の倍以上に増加した。2012年末にスタートしたアベノミクスによる大胆な金融政策は日本経済に円安と低金利をもたらし、不動産市場が活性化して投資額が大幅に増えたようだ。

 特に海外投資家による2014年の日本の不動産投資額は、2011年比で14倍に達するなど好調に推移。2015年は1月~9月までの9カ月間で、2012年と2013年の通年額をすでに上回っている。また、投資額全体における海外投資家の割合をみると、過去5年間は5%~10%の間で推移していたものの、2015年(1月~9月)は22%に達しており、海外投資家の存在感が強まっている。