世界最大政府系ファンドがロンドンのメイフェアで不動産取得

8月11日(ブルームバーグ):世界最大の政府系ファンド(SWF)であるノルウェーの「政府年金基金グローバル」(運用資産8900億ドル=約91兆円)は、ロンドン中心部メイフェア地区の不動産権益を3億4300万ポンド(約588億円)で取得した。同基金はロンドンでの不動産投資を拡大している。

政府年金基金グローバルは、ロンドンのリージェントストリートとボンドストリートの間にあるポレン・エステート(敷地面積1.6ヘクタール)の権益57.8%を英国国教会財務委員会から買い取った。基金を管理・運営する中央銀行投資管理部門(NBIM)が11日発表した。