中古マンションの行政区シェアは世田谷区がトップ

(株)東京カンテイは、2013年の首都圏都府県別中古マンションの行政区シェアを公表した。それによると東京都は世田谷区が7.59%(前年7.33%)でトップとなりました。

ちなみに2位は港区で6.72%(同7.47%)。3位は大田区で5.67%(同5.39%)となっています。世田谷区と港区はストック数が多く、しかも新築供給が多く、中古市場が活発に動いていることが要因と考えられます。